安全への取り組み

名備運輸は安全運行を何よりも大切に考えています。事故撲滅に向けた取り組みや、最新の安全機器の導入などを積極的に行っています。こういった取り組みの積み重ねが、お客様、社員やそのご家族、地域の皆様の「安心」につながっていると考えています。

【その1】 運輸安全マネジメント活動

名備運輸では毎年、年度始めに「安全推進決起大会」を行っています。この大会では、一年間の取り組みの活動報告や、新年度の目標発表を行います。そして、無事故達成者や優秀なドライバーの表彰も行っています。さらに年2回「中間報告会」も行い、取り組みの報告や、事故事例の共有・対策の話し合いを行い、自分たちの意思で安全意識を高め合っています。

【その2】 最新の安全機器の導入

全車両にドライブレコーダーやデジタル式タコグラフ(走行時間や走行速度、現在地などの運行情報を記録するシステム)バックカメラを搭載しています。また、本社には運行管理パネルを設置し、運行状況がひと目で把握できるシステムを導入しました。これからも、事故防止につながる最新の機器を積極的に導入していきます。

【その3】 安全講習会の実施

安全の専門家を講師に招き、定期的に研修を行っています。例えば、ドライブレコーダーの映像を使った危険予知トレーニングを行い、実践で役立つ知識を学んでいます。

【その4】 運転技術向上の取り組み

名備運輸本社敷地内で、フォークリフトの運転技術研修やトラックでのバック競技会などを開催して、技術の正確さを磨いています。

【その5】 健康状態の確認

毎日出社時に運行管理者による対面点呼を必ず行ない、アルコールのチェックやドライバーの健康状態を把握しています。労働基準、乗務基準に従い、安全な運行を行っています。

【その6】健康経営

当社では、健康とは「心身ともに健康で、毎日元気に働けること」が大切だと考えています。従業員・家族の健康をなお一層推進すべく、「健康経営」に社をあげて取り組むこととし「健康宣言」を行いました。2018年7月に健康保険組合連合会愛知連合会より「健康宣言チャレンジ事業所」として認定されました。